ホーム > 会社概要

会社概要

お客様の要求にお応えしてまいります。

長年に亘りあらゆる業種の部品を制作している我が社では、どこにも作れない独自性の高い製品および加工方法で、多くの業界に部品を供給してまいりました。
今後、製品はますます種々の機能を搭載させながら、さらに微細化を図って行くものと予想され、より斬新で高品質、かつコスト低減につながる部品が強く要求されていくものと思います。
私達は、長年培ってきた試作技術、金型製作技術、成形加工技術、無電解および電解めっき技術、シルク印刷、塗装技術を協力会社と連携し、社の総力を結集してお客様の要求にお応えするため、サポート体制を整えております。
デザイン性と機能性を兼ねた工業製品を作るため、お客さまと共に利便性を上げ、品位の向上を追求するお手伝いをしてまいります。
新しいデザインの可能性、新しい機能部品の可能性に対するあらゆるお問い合わせに迅速に対応し、そのための試作には、各分野のエキスパートスタッフがよろこんで協力させていただきます。

ご挨拶

代表取締役 遠藤 義信

私共の会社は長年に亘りあらゆる業種の部品を作ってまいりましたが、グローバル化の中で多くの企業の海外シフトが進み現地調達が主流となって、国内の量産品は少なくなって来ました。その中にあって弊社はどこでも作れない製品および加工方法で独自性を強め、多くの業界に部品として供給してまいりました。今後も製品はますます種々の機能を搭載させながら、さらに微細化を図って行くものと思われます。
従って製品を構成する部品は従来品ではその多くが使用できなくなり、より斬新で高品質、なおかつコスト低減につながる部品が近年強く要求されています。そこで今後私共は、長年培ってきた試作技術、金型製作技術、成形加工技術、無電解および電解めっき技術、シルク印刷、塗装技術を協力会社と連携し、総力を結集してお客様の要求にお応えいたします。
さらに新しいデザイン、新しい機能部品に対するあらゆる提案を行って完成品の品位を高め、より利便性を上げるお手伝いが少しでもできればと思っています。また最近、部品、材料に於ける環境管理物質の管理の強化を要求されていますが、どうしても現時点では使用しないと機能に対する特性が出ない部品に対する加工を、通常品と区別・分離した製造工程を確立、これらに対応できる体勢を整えておりますので、必ずや貴社のお役に立てるものと確信しております。是非ご一報戴きたくここにお願い申し上げます。

代表取締役 遠藤 義信

経営理念

わが社はあらゆる業種の部品作りを通して、より美しく、より高性能、より利便性を追求し、しかも地球環境にやさしい物作りをすることによって社会に貢献することをモットーとして、適正なる利潤を上げることを目的としています。

営業方針
お客様の満足を最優先し、顧客の要求事項に確実に答えるために次のような姿勢に徹するようにしています。
・ 客先で物作りの上で困っていることを積極的に聞き出し、解決する方法を社内の全組織を挙げて検討する。
・ 解決方法が見つかった場合、提案と言う形で客先に提出し、検討を要請する。
・ 採用に漕ぎ付けた場合、社内および協力会社の総力を結集して遅滞なく納品できるよう全力で当たる。


物作り方針
絶えず斬新で経済性に優れたもの作りに専念し、国内外の同業他社よりも一歩でも前に行くことを念頭に置き、優位性を保ちつつ、なおかつコンプライアンス経営に徹する。
・ 今までと同じものを作っていたのではすぐ追いつかれ追い越される。少しでも前を行くためには、何かを変えるべく改善、改革を強力に推し進めて行く。
・ 商品サイクルがだんだん短くなる中で、物作りは今まで以上にスピードを要求されるので柔軟性に富んだ生産ラインを確立する。
・ 知的資産経営をマネジメントツールとして活用して企業価値を高め他社との差別化を図る。
品質方針
品質マネジメントの有効性の継続的改善を推進し、常に監視および測定を行い品質の安定を図る。
・ 5Sを極めることにより、働きやすく安全な職場を作ることによって、間違いのない製品を作り、品質の向上を図る。
・ PL法の意味をよく理解し、造った物への責任を果すため全製品に対するトレサビリティー管理を徹底させる。
環境方針
環境マネジメントシステムを運用する中で、地球環境の保全を前提とした生産活動に努めるとともに法令順守に徹する。
・ 省エネ省資源を念頭に入れた物作りに徹し、環境に出来るだけ負荷をかけない様、心掛ける。
・ 運用可能な法的要求事項及び顧客と同意した事項の順守を定期的に評価して、法及び同意事項に適合していることを常に監視する。

会社概要

商号 株式会社エーディーケイ
設立 昭和46年11月
資本金 40,000,000円(全額払込済)
設立 昭和46年11月
役員 取締役会長      柴崎 辰彦
代表取締役社長   遠藤 義信
取締役本社工場長  奈良 豊栄
取締役埼玉工場長  小林 政則
本社工場 〒143-0003
東京都大田区京浜島2-2-10
TEL : 03-3790-1565(代)
FAX : 03-3790-0386
URL : http://www.adk-inc.jp/
E-mail : info@adk.cmk.or.jp
本社・工場へのアクセスはこちら →|
埼玉工場 〒349-1158
埼玉県加須市新利根1-1-4
TEL : 0480-72-5751(代)
FAX : 0480-72-5750
Email : saitamaadk@h3.dion.ne.jp
埼玉工場へのアクセスはこちら →|
決算期 6月30日(年1回)
取引銀行 三菱東京UFJ銀行(羽田)
三井住友銀行(大森)
商工組合中央金庫(大森)
日本政策金融公庫(大森)
関連会社 東電化工業株式会社(IC・LSI・リードフレーム加工)
株式会社アズマ(プリント基板加工)
協力会社 有限会社テクノモールド(金型製作)
利昇工業有限会社(成形加工)
その他協力工場15社
製造品目 家電部品、自動車部品、音響部品、カメラ部品、時計部品、
通信機部品、医療機部品、エレクトロニクス部品、
コネクター部品、携帯電話部品、ノートパソコン部品、
デジタルカメラ部品、スロット・パチンコ等遊技機部品、
その他の関連部品)
加工部品 ・プラスチック金型製作
・プラスチック成形加工
・サブアッセンブリー
・プラスチックめっき(無電解ニッケル、銅、ニッケル、
ベロアニッケル、クロム、三価クロム、金)
・コネクター用端子めっき(半田、すず、すず銅、ニッケル)
・非鉄金属洗浄、活性化

沿革

昭和46年11月 東電化工業(株)からプラスチック事業部が分離独立。
東京都目黒区目黒本町において製造を始める
昭和51年9月 資本金を倍額増資で2,000万円にする
昭和52年7月 東京都大田区京浜島2-2-10に社屋・工場を目黒より
全面移転
昭和54年11月 中国北京市において北京テレビ工場、北京無線工場・北京放送テレビ部品第一工場、テレビ無線の3工場とプラスチック金型の設計・製造技術、成形技術、プラスチックめっき技術などの技術協力議定書に契約調印する
昭和55年3月 全国中小企業優良企業として、東京都知事賞を受賞する
昭和55年4月 東京都大森西工場に於いて樹脂成形を始める
昭和61年2月 資本金を倍額増資で4,000万円にする
昭和61年7月 埼玉県大利根町に埼玉工場を開設する
昭和63年10月 ULファイルナンバー取得 E74258(S)
平成8年2月 東京都大田区より大田区優良工場として認定賞を授与される
平成8年11月 保険組合より健康優良事業所として表彰される
平成10年5月 本社工場ISO14001認証取得 登録No.JMAQA E-017
平成13年3月 本社工場および埼玉工場ISO9001認証取得
登録No.JMAQA-978
平成18年4月 埼玉工場ISO14001サイト拡大審査にて認証取得

福利厚生

“人”を中心とした生きがいのある職場環境

従業員が毎日の生活において心身ともに豊かで、潤いの持てるように数々の福利制度も設置し、安心して仕事に専念できるよう配慮しています。

保養施設
健康保険組合の保養所および各施設が割安で利用できます
保険制度
健康保険、労災保険、厚生年金保険、厚生年金基金、失業保険
助成制度
専門学校および資格取得講習の授業料補助
休日
土曜、日曜、祝日、年末年始休暇、夏季休暇
研修制度
ISO及び業務に関連した研修会に積極的に参加させています
ISO合同研修会
親睦
忘年会、新年会、海外旅行、ボーリング大会、バーベキュー大会など
韓国旅行